皮かぶり

座る医師

包茎とは、ペニスの亀頭が包皮によって完全に隠れていることであり、その程度によって呼び方が変わってきています。
普段は包皮はかぶっているけれども、勃起したときには完全に亀頭露出する「仮性包茎」と、勃起したときにも包皮が完全に亀頭から露出することができなくなっている「真性包茎」に分けることができます。

包茎の状態では、男性は自尊心を確立することが難しい状態になっており、多くの男性が包茎の状態を「恥ずかしい」という認識ですごしています。
しかし、日本では包茎ではない男性はごく少数であり、多くの男性は包茎であるとも言われています。
ある調査では、日本人男性の7割は包茎であるとの報告があります。現在では、包茎をコンプレックスに抱える人の為に、包茎を手術するサービスが提供されており、さまざまな病院で包茎の手術が行われています。
包茎は、放置しておけば直るものではないといわれています。包茎になってしまったのであれば、病院での手術が必要になっており、その中でも真性包茎は手術が重要になっています。
真性包茎では、完全に亀頭が包皮から露出しないので、内部に垢がたまることになり、かなり不潔になってしまいます。またそれが原因で感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。

それ以外でも、包茎ではセックスのときに痛みを感じてしまうことがあるので、なかなか正常なセックスができにくいという報告もあります。
痛みを感じてしまう意外にも、無理やり露出した陰茎に膣がこすれることにより出血を起こしてしまい、炎症を起こしてしまう可能性もあります。
このことから、ペニスに皮がかぶっている状態というのは非常に危険なことでもあるので、自然に包皮をむくことができないのであるのならば、病院などで手術する必要があります。
その手術も、現在ではすすんでおり、患者に対して負担が少なくなるようになっており、多くの場合、日帰りの手術で大丈夫な病院が増えてきています。

オススメリンク

包茎で手術自信を取り戻すならオススメのクリニックはこちら|包茎手術 クリニックの評判を検証!



治療した後に気をつけること

病院で、包茎の手術をした後には気をつけなければならないことがあります。それは、局部を触らないということです。 手術直後は麻酔が効いているので、気になることはありませんが、麻酔が切れてしまうと、だんだん違和感が出てくるようになってしまいます...Read more


簡単なオペですぐ帰れる

20年ほど前では、日本の包茎手術の技術というのはまだ未熟であり、一度の手術で入院が必要になることもありました。 しかし、近年ではかなり技術が進んでおり、包茎の手術は日帰りでできるようになっています。 包茎の手術は簡単なオペ程度で解決...Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930